アクセス解析モジュールアクセス解析モジュール

GoogleAnalyticsによる高度なアクセス分析+アクト・ブレイン アクセス解析ツールGoogleAnalyticsによる高度なアクセス分析+アクト・ブレイン アクセス解析ツール

アクト・ブレイン製アクセス解析ツールとの連携機能をDrupalモジュール化しました。

同時にGoogleAnalyticsタグを組み込みます。

GoogleAnalyticsによる高度なアクセス分析に加て、アクト・ブレイン製アクセス解析ツールを利用することでアクセス解析の制度が大幅に向上します。

解析用タグはDrupalブロックとして生成されるので、管理ページやカウントしたくないページの指定が自由に設定できます。 

無料アクセス解析ツールの特徴無料アクセス解析ツールの特徴

ページ閲覧の流れを解析

「時間別遷移表示時=一日分の解析時」の「ページ分析」、「ページ入口」表示機能中に該当ページ以降のページ閲覧履歴を表示する機能を追加しました。[次に見たページ]

ページ単位での複数訪問者のページ閲覧の流れを表示するようにしました。これにより訪問者のページ閲覧のおおまかな流れが人目でわかるようになります。

下の「個人閲覧解析機能」は個人にフォーカスして追いかけるもので、他のアクセス解析ツールにも機能を持つものもありますが、ページにフォーカスして閲覧の流れを追うのは弊社オリジナルです。

"ほとんど"の訪問者や、"だいたい"の訪問者がどういう流れでページを閲覧しているのかをつかむ事により、導線を考慮したコンテンツの増やし方、キーワードの決め方が見えてきます。

個人のページ閲覧の流れを解析

ページ閲覧はページにフォーカスしてページ閲覧の流れをページ単位で追うものですが、個人閲覧解析機能は訪問者個人がどのページをどんな流れで閲覧したか解析する機能です。

これにより、個人々がどういった流れでページを閲覧したかが一目瞭然となります。

検索されたワード+入口ページ、さらにその先の閲覧の流れを解析

従来の「検索ワード分析」は検索エンジンで検索したワードをランキング表示するのみでした。

今回の拡張では、「検索ワード分析」画面のキーワードの横に「このキーワードで検索されたページ」ボタンを追加しました。

このボタンをクリックすると、「ページ入口」画面に変わり、当該キーワードで検索されたページのみの一覧が表示されます。

検索エンジンからの訪問が「キーワード」+「入口ページ」のペアで表示されます。

さらに[次に見たページ]を解析表示できます。

検索エンジン名の一覧表示

「入口ページ」画面ではそれぞれのページに飛び込んできたときの、検索ワード+検索エンジン名が一覧表示されます。

更に、[検索結果ページ]ボタンをクリックする事により、検索結果画面を別WindowにOpenします。検索されたときの様子、ライバルとの順位関係がわかります。

検索順位ばかりでなく、ライバルとの前後関係、内容の違いなど、ワンタッチで確認する事ができます。

リンク元ページの解析

訪問者は検索エンジンからのみではありません。様々なリンク元があり、そこからの訪問もあります。

「入口ページ」画面で表示される[リンク元ページ]をクリックするとリンク元ページが別Windowに開きます。

見慣れないページ経由の訪問を見つけたときなど、ワンクリックで確認できます。

無料アクセス解析ツールの仮登録ページ 無料アクセス解析ツールの設置方法はこちらです。

Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事
ホームページの更新は CMS で! の ページTOPDrupalサイト構築 の サイトマップDrupalサイト構築 の TOPページ