クリーンURLの応用範囲クリーンURLの応用範囲

SEOにも良く自分で解りやすい名前が付けられるので有効にSEOにも良く自分で解りやすい名前が付けられるので有効に

クリーンURLとは、各コンテンツのURLに ?q= を含まないスッキリとしたURLを指しますクリーンURLとは、各コンテンツのURLに ?q= を含まないスッキリとしたURLを指します

例えば about というページがあった場合、この機能が無効の際は「http://example.com/?q=about」というURLになりますが、有効の際には「http://example.com/about」というURLになります。

SEOにも良く、自分で解りやすい名前が付けられるので有効にしておきます。というか標準で有効です。

これで、話は終わりではなく、

  1. 日本語URL
  2. URLの自動生成

を考えてみたいと思います。

日本語URLとは文字通り日本語を使用したURLです日本語URLとは文字通り日本語を使用したURLです

URLエンコードされる事が多く、場合によっては冗長でみにくくなりそうですが、役一年間私的ブログサイトで試した結果、マイナス要因はなく、YahooでもGoogleでも検索結果として表示されるURLには正常に日本語で表示されます。

descriptionとならんで表示されるため、検索キーワードが入っている場合は強調されて表示されますので日本語URLは ぜひとも利用したい機構です。

では、URLの自動生成はどうでしょうかでは、URLの自動生成はどうでしょうか

Drupalというと真っ先に思い浮かぶのはAutomatic Nodetitlesですが、Automatic Nodetitlesを導入すると逆に意図したURLを付けたい時に注意が必要です。できないわけではないので致命的ではないですが。

ページタイトルがそのままURLになるので、ページタイトルを決める際の意識がより一層SEOを意識したものになる。それはそれで良いことではないかと思います。

ページタイトルを本文の内容から自動的に生成するモジュールもありますが、本文修正の度にタイトルが連動して変わってしまう事 自身は悪い事では無いかもしれませんが、それにより、同時にURLも変わってしまうのは問題です。それ以前の自動被リンクや、検索エンジンのインデックスも無効になってしまうことは大きなデメリットです。
Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事
ホームページの更新は CMS で! の ページTOPDrupalサイト構築 の サイトマップDrupalサイト構築 の TOPページ