PayPal開発の時のテスト・アカウント(sandbox)PayPal開発の時のテスト・アカウント(sandbox)

DrupalでPayPalを利用する際はlm_paypal拡張モジュールを利用DrupalでPayPalを利用する際はlm_paypal拡張モジュールを利用

Drupalに限らず、PayPal関連の動作チェック時に正規のPayPalアカウントを使用して実際にお金を動かしていたのでは大変です。

そんな時、PayPalが提供しているテスト用のアカウント(sandbox)があります。

sandboxを利用することで、実際にお金を動かすことなくPayPalを利用したような流れを実現することができます。

PayPal sandboxの利用手順PayPal sandboxの利用手順

  1. https://developer.paypal.com/ にアクセス。
    → PayPal sandboxページが表示されます。
  2. [Sign Up Now]をクリック。
    → Sign Up for Access to the Sandbox Test Environmentが表示されます。
  3. 必要事項を記入し、[Agree and submit]をクリックしアカウントを作成します。
    → 登録メールアドレスに確認用のメールが届きます。
  4. メール中の確認用リンクをクリックします。
    → メールアドレスの確認ページが表示され、アカウントが作成されます。
  5. https://developer.paypal.com/ にアクセス。
    → PayPal sandboxページが表示されます。
  6. ログインフォームからログインします。
  7. [Sandbox]タブをクリックします。
  8. [Create Account]で買い手、売り手それぞれのアカウントを作成します。
  9. 売り手用アカウント作成時に登録したメールアドレスをPayPal依頼時のメールアドレスとして設定します。
  10. PayPalの正規URL「http://www.paypal.com/」をsandbox用URL「http://www.sandbox.paypal.com/」に変更します。
  11. https://developer.paypal.com/ にアクセス。
    → PayPal sandboxページが表示されます。
  12. ログインフォームから売り手用アカウントでログインします。
  13. [Sandbox]タブの[プロファイル]サブタブをクリックします。
  14. ウェブサイト支払いの自動復帰:をオンにし、「復帰URL」を設定します。
  15. 支払いデータ転送:をオンにします。
  16. [保存]をクリックし、表示されるIDトークンを控えておきます。
ホームページの更新は CMS で! の ページTOPDrupalサイト構築 の サイトマップDrupalサイト構築 の TOPページ