自分で更新する事の重要性とは自分で更新する事の重要性とは

名刺代わりにホームページを考るような時代ではありません名刺代わりにホームページを考るような時代ではありません

自分とは?自分とは?

ここでいう、自分とは、自分(側)の立場に立った"人”を指します。

自分と利益、考えを同じくする人たちを自分と言います。

ですから、当サイトで自分と言ったとき、それは個人の事ではなく 自分たちのことです。

ゆえに、自分で、、、といっても、自分ただ一人大変!という訳ではありません。

更新する必要があるのか?更新する必要があるのか?

ホームページは生き物です。と同時に あなたの店(事務所)です。

その前を通る人たちに、「品揃えが変わっていない」とか、「誰も居ない」、「目を引き付けるものが無い」、「汚れている」とか、、、思われたらどうでしょうか?

そうなったら、おしまい。ですね。

店の中に何があるのか。どういう管理がされているのか。

見えるように、いつも、掃除したり、磨いたり、並べ替えたり、しなければなりません。

Webでも同様、いつ来ても同じ、という事になってしまうと、いずれ誰も来てくれなくなります。

どうして自分で更新なのか?どうして自分で更新なのか?

会社でも 大事なお客さまを 待たせたり、右も左もわからない新入社員に任せたりしないと思います。

ホームページも同じです。大切な訪問者を迎えるページ(コンテンツ)の内容をイメージするのは、あなたが一番なのです。

お店のお客さまに接するような、説明するようなコンテンツが必要です。

その言葉や知識は、ホームページ制作会社ではなく あなた自身でなければ沸いてこないもの。それが重要なコンテンツです。

ホームページを華やかにしたり、雰囲気をだしたり、中には ふと、立ち止まりたくなるデザイン、雰囲気もあります。

カンバンや インテリアのように どうしても その道のプロに お願いしたほうが良いものができる。という部分もありますが、内容(コンテンツ)部分は どうしても商売の現場から発生し、常日頃の接客からにじみ出てくる経験が物を言います。

そういうコンテンツを発信しないと 人は離れていってしまいます。

では なせ アクト・ブレインが必要なのか?では なせ アクト・ブレインが必要なのか?

コンテンツを あなたが 作成するとなると、あなたは 日々の ご商売の他に コンテンツの投稿や修正を行わなければなりません。

その上、サーバーの管理や、メンテナンス、CMSのバージョンアップ、その他 周辺の様々な面倒毎をやる時間など あるばずがありません。もし あったとしても、それならそれで、その時間を ご商売に専念した方が絶対的に効率がよいはずです。

弊社は、Webはもちろんですが、コンピュータ、効率化のプロです。

御社の ご商売の事は御社にかないませんが、弊社のできることは御社の力になるはずです。

弊社は、様々なサービスを提供しますが、そのサービスは、弊社独りよがりなものではなく、御社との2人3脚で ありたいと思っています。

自分で更新すれば 後は安心?自分で更新すれば 後は安心?

と思うかもしれません。

更新されていないページは誰も来なくなる。と前の方で書きましたが、、、

実は最初から誰も来ないんです。

どんなに良い店でも 路地裏の、私道の奥の、その奥にあるような店など、存在も知られないように、ネット上に”開店”したホームページというお店の存在は 最初から誰も知らないはずです。

もちろん、適切なコンテンツを 適切な方法で投稿すれば、いずれ認知はされます。

ただ、半年や一年も じっと待てる状況なら良いですが、通常、そうも言っていられません。

存在するだけで、家賃が発生し、人件費や在庫、様々なランニングコストが常にかかっています。

いつ黒字に転換するか、非常に重要な事です。

ホームページを設置しただけでは、誰も来てくれません。

これは、紛れも無い事実です。

ひところのように、名刺代わり、地図代わりにホームページを考るような時代ではありません。

今のうちにネットを味方につけないと、周りのお客さんが みなネットに取られてしまいます。

ネットに取られたお客さんは、それからもネットで物を探すようになるため、もう戻ってはきません。

そうならないうちに、ネットを使いこなす戦略を進めておく事が必要です。

ネットに限らず、世の中は進化(退化も含めて)、変化します。それに いかに早く対応するかがポイントです。

ネットだからといって、特別な事はありません。見えないから不安なだけ、やらないから わからないだけ。

まず、次に進む事だけが必要です。

そんな気構えや 意気込みで ”自分で” を 後押しします。

Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事
ホームページの更新は CMS で! の ページTOPDrupalサイト構築 の サイトマップDrupalサイト構築 の TOPページ