CMSCMS

Drupalとは

Drupal-CMSでホームページを小さく初めて大きく育てるDrupal-CMSでホームページを小さく初めて大きく育てる

Drupal-CMSはGNU GPL 2 ライセンスのもと、オープンソースとして開発・配布がおこなわれている非常に洗練されたCMSです。

PHPで記述され、MySQLやPostgreSQLなどのデータベースとともに動作し、個人のブログから企業のサイトまで幅広く利用することができます。

最新バージョンの Drupal6 では、OpenID やコンテンツの多言語化などの機能も標準で実装され、多言語コミュニティサイトの構築にも非常に適したCMSに より進化しています。

アクト・ブレインはDrupalの企画・導入~設置・カスタマイズ~運営をサポートしています。

Drupal-CMSで運用されている著名サイトDrupal-CMSで運用されている著名サイト

日本では いまいち知名度が低いDrupal-CMSですが、ここではDrupal-CMSを採用した世界の著名サイトを紹介します。

ericclapton.com | Eric Clapton

エリックパトリッククラプトンは(1945年3月30日生まれ)ギタリスト、ボーカリスト、ソングライターです。ヤードバーズ、クリームのメンバーとして。最も重要で影響力のギタリストの一人と呼ばれています。

 

 

 

www.whitehouse.gov | The White House

2009年10月にホワイトハウスがDrupalを導入して話題になりました。

2009年1月に大統領に就任したオバマ大統領の指示で数ヶ月かけてリニューアルが行われたという事です。
 

 

 

  

ubuntulinux.jp | Ubuntu Japanese Team

Ubuntuは、コミュニティによって開発されている、Linuxベースのオペレーティングシステムです。ラップトップ、デスクトップ、そしてサーバに利 用することができます。このOSには、Webブラウザ、プレゼンテーション作成、文書作成、表計算、インスタントメッセンジャー、その他多くのあらゆるア プリケーションが含まれています。

Ubuntu Japanese Teamは、Ubuntuについての情報を日本語で提供しています。

    

dev.aol.com | AOL Developer Network | The AOL Developer Network

Drupal-CMSで制作されたサイト:AOL

パソコン通信及びインターネット接続サービスのサービスの一つであり、これを提供する「AOL LLC」はアメリカ合衆国のLLC企業です。

独自の接続ソフトにより、発展途上国や僻地でもアナログ電話回線とモデムがあれば、ほとんどの地域で使用可能なため、僻地や途上国など使用可能地域が非常に広いのが特徴。

同社の顧客は約3,000万人で、世界最大のインターネット接続サービスです。

 

 

  Spread Firefox | The Home of Firefox Community Marketing

Drupal-CMSで制作されたサイト:firefoxMozilla Foundationが開発するオープンソース・クロスプラットフォームのウェブブラウザです。

ウェブブラウザや電子メールクライアントを統合したMozilla Suiteにおける速度面での不満や複雑化するコードの解消を目的として、2002年中頃から開発が進められています。

何と Google PageRank 9です。

  

 

 

 MTV UK | MTV UK

Drupal-CMSで制作されたサイト:MTVワーナー・コミュニケーション社(現在のタイム・ワーナー社)とアメリカン・エキスプレス社が共同で出資し設立したワーナー・アメックス・サテライト・エンターテイメント(WASEC)によって1981年8月1日午前12時1分に放送開始。

COOジョン・ラックによる"Ladies and gentlemen, rock and roll!" の言葉と共に、ジョナサン・イライアス作曲のMTVオリジナルテーマソングが最初に流れ、12時15分に最初の音楽ビデオ(バグルスの「ラジオ・スターの悲劇」)がオンエアされました。

 

NASA - Home 

Drupal-CMSで制作されたサイト:NASANASAの前身は国家航空諮問委員会 (NACA: National Advisory Committee for Aeronautics) で、1915年に米国の航空技術の研究開発を推進する目的で設立されました。

 

 

 

 

  

 

その他にもDrupal-CMSを採用したサイトは多数存在します。日本でも徐々に取り入れられています。

Drupal-CMSはその拡張性から、ホームページを小さく初めて大きく育てる・・・という使い方が最も適しています。

投稿フォームのカスタマイズ

Drupalの標準の投稿フォームは日本人が好むテーブル形式ではありません。伸縮自由のfieldsetとなり、それはそれで効率的で良いのですが、どうも日本的な入力フォームとはかけ離れています。

CSSやテンプレートを調整すれば見た目は日本人好みにできるのですが、いつもいつもとなると疲れてしまいます。

入力フォーム専用で簡単に表示形式を変更できるモジュールがないものかと探しても見つからなかったので、弊社オリジナルでモジュールを作成しました。

それが「Content Template Formモジュール」です。

既存のモジュールで「Content Templates (Contemplate)モジュール」 http://drupal.org/project/contemplate というのがありますので、それの投稿(入力)フォーム版のようなアプローチです。

Content Templates (Contemplate)モジュールは、各コンテンツタイプ別に、ティーザー/本文各々の表示テンプレートを簡単に指定できるモジュールですが、Content Template Formモジュールは投稿(入力)フォームのみをカスタマイズ可能にします。

制限として、JavaScriptを利用する関係で、携帯には非対応です(携帯にはDrupal本来の入力形式のほうが向いていると割り切っています)

  1. Content Template Formモジュールをインストールします。
    ※ Content Templatesに依存します。
  2. 管理セクション › コンテンツの管理 › テンプレート を開くと、従来Content Templateモジュールにより ティーザーと本部用のテンプレート入力フォームが追加されていますが、それに加えて、投稿フォーム用のテンプレート入力フォームが追加されています。
  3. 入力フォーム下の説明に従い、入力フォーム用のテンプレートを入力します。 

 

※ Content Templates Formモジュールは弊社オリジナルですので、別途購入、または会員登録が必要です。

こんな事が可能になります

お客様はコンテンツの更新に専念お客様はコンテンツの更新に専念

  1. メンテナンス付きの安心のサーバースペース。
    → 面倒なバックアップ・バージョンアップは弊社が行います。
  2. HTMLの知識は不要。
    → 基本的に不要。稀に必要な部分は弊社が責任を持ってサポート・代行します。
  3. ワープロ編集のような親しみやすいインタフェースで表現力のあるコンテンツ作成環境。
    → 弊社オリジナル機能満載!
  4. 入力に必要な様々な入力補助ツールがSEOに影響が出ない範囲で提供。
    → 設置・導入時点で適切にチューニングされています。
  5. 業者に頼む必要がないため、何時でも必要な時にホームページ更新。
    → これが最も重要なポイントです。
  6. ホームページを自分で思い通りに更新できるためホームページ更新が楽しく。
    → 慣れるほどに高度にできます。
  7. Drupal-CMSはSEOに強く更新されたコンテンツが検索にかかりやすいためビジネスチャンスが一層広がります。
    → 検索エンジン・クローラや更新ping、自動リンクなど、導入時点でSEO対策済み。
  8. Drupal-CMSなら 様々な権限設定下での共同作業が可能なめ、効率よく作業分担する事ができます。 
    → 一人で抱え込まなくとも大丈夫。
  9. 成果の把握。  
    → 無料提供の弊社オリジナル・アクセス解析ツールで成果を把握。
面倒なバックアップやバージョンアップ等のメンテナンスは弊社が行いますので、お客様はコンテンツの更新に専念できます。
勿論、Drupal-CMSの操作ガイダンスやアドバイスも常時行っております。

育てるホームページとは

サイト運営を開始してからの"サイト育成"に最も注力サイト運営を開始してからの"サイト育成"に最も注力

【育てるホームページ】の必要性【育てるホームページ】の必要性

従来型(HTML)ホームページや、更新の容易なブログ型ホームページでは、投稿した記事が単にページとして表示されるだけでは情報伝達効果が発揮できないため、余計な労力や費用を必要とすることから、次第に更新から遠のくというジレンマに陥いる事が少なくありません。

記事を有効に、高率的に発信するための仕組み(システム)で効果的な発信を行う事や、訪問者参加型のコンテンツ、自動で切り替わる情報等、顧客のニーズに合わせた動的な仕組みはサイト運営開始後も順次仕込んでいかなければなりません。

アクト・ブレインは そのような仕組みを安価で提供することが最重要と考え、Drupal-CMSを採用した「育てるホームページ」を開発しました。

※ Drupal-CMSとは -> http://actbrain.cms-pr.com/node/22

【育てるホームページ】の内容【育てるホームページ】の内容

「育てるホームページ」は、初期導入/移設を より迅速に行い、サイト運営を開始してからの"サイト育成"に最も注力します。

アクト・ブレインは運営効果を見ながらのコンテンツ更新や、サイト管理の操作サポートをはじめとして、動的モジュールのインストール操作アドバイスを行う事で「育てるホームページ」オーナーを支援します。

初期費用0円 月次費用10,000円で下記機能が提供されます。

月次費用にはサーバ維持、管理費用、さらに操作サポート費用が含まれます。商用に耐えうるサーバを維持するだけでも5,000~20,000円程度必要ですので、かなりお得なプランになっています。
弊社が管理するサーバ内のDrupal-CMSを管理・運用することで画期的なコストダウンを実現しています。
  1. 新規ドメイン取得
  2. サーバレンタル(設定・メンテナンス)
  3. Drupal-CMSホームページ設置・カスタマイズ
  4. SEO、検索エンジン対策
  5. 保守・バックアップ
  6. ホームページ更新の操作アドバイス
  7. 動的拡張モジュールのインストール+操作アドバイス  

標準で利用可能な機能は以下のとおりです。

  • 「サイト内検索」フォーム設置
  • 「ソーシャルボタン追加」ブロック設置
  • 「トピックス」ブロック設置
  • 「新着情報」ブロック設置
  • 「記事配信(フィード)」生成
  • 「サイトマップ」生成
  • 「アクセス解析タグ」設置
  • お問い合わせ」フォームページの設置

※標準では、トップページ+5ページ+お問い合わせページ程度の規模を想定しております。

オプションで下記機能の追加が可能です。

  • SSL導入対応
  • オリジナルデザイン
  • TOPページスライドショー
  • お問い合わせフォーム(2つ目より)
  • 新着・トピックス連動型コンテンツ(トップ→一覧→詳細連動ページ)
  • 会員管理基本機能(サイト管理者、登録会員)
  • 自動見積りフォーム(ウィザード形式の見積りフォーム)
  • フォーラム(閲覧/認証/投稿/一覧/詳細/管理)
  • 画像ギャラリ(閲覧/認証/投稿/一覧/詳細/管理)
  • 動画ギャラリ(FLV/PC限定)
  • メールマガジン基本機能(登録ユーザ全員に一斉送信)
  • その他拡張コンテンツ
  • CSVアップロード機能(大量の初期コンテンツ投入に有効)
  • CSVアップロード作業(お客様御用意のCSVをアップロード)
  • HTMLコンテンツ投入(6ページ以降)

 

自動見積モジュール

自動見積りフォームからのお問い合わせは大きな効果自動見積りフォームからのお問い合わせは大きな効果

業界初:CMS型自動見積りフォームです。

「業界初:CMS型自動見積りフォーム」の主旨「業界初:CMS型自動見積りフォーム」の主旨

Webシステムを有効活用するために自動見積りフォームからのお問い合わせは大きな効果を生みます。

しかし、単なるフォーム的な自動見積りでは"自動"的な効果が薄かったり、商品 / サービスの組み合わせなどを可能とした高度な自動見積りフォームは導入コストが極端に高くなるなど、なかなか導入に踏み切れないものでした。

高度でフレキシブルな「お問い合わせフォーム」は存在しますが、自動見積りフォームとなると、定形化しにくく、計算処理などがあるため、個別のシステム開発(オーダーメード)となり、導入コストが高騰します。

このような状況に対応するため、項目登録 / 絞り込み / 自動計算 / お問い合わせ機能など、「自動見積りフォーム」に必要とされる要素を組み込んだ、
導入に際して個別に開発を行う必要のない「自動見積りフォーム」システムをDrupalモジュールとして開発しました。

「業界初:CMS型自動見積りフォーム」で できること「業界初:CMS型自動見積りフォーム」で できること

ウィザード形式の自動見積りフォームを設置します。下記のような特徴があります。

  1. 見積り項目を自由に追加登録できるため商品 / サービスの変化に対してすぐに対応できます。
  2. 自動見積りフォームの項目絞り込み機能により、顧客ニーズに応じた見積りができます。
  3. 自動で見積り後、見積り内容でを添えて問い合わせができます。
  4. 見積り項目ごとに初期費用 / 月次費用が設定できます。
  5. 見積り項目ごとに チェックボックス / ラジオボタン / 一概に金額を特定できない商品・サービスのための入力フォームを指定することができます。
「自動見積りフォーム」システム自体はDrupal-CMSで構成されています。
そのため、見積り項目の登録・更新はお手の物。自動見積り機能の方は弊社オリジナル・モジュールで提供。固有の機能追加にも対応できます。

さらに、弊社独自のDrupal-CMSモジュール機能提供機構により、一般のHTMLシステムにも機能提供が可能となります。

管理アイコン モジュール

管理ページにダイレクトにジャンプするアイコン管理ページにダイレクトにジャンプするアイコン

管理アカウントでログイン中に管理ページにダイレクトにジャンプするアイコンを追加表示します。

なぜ管理アイコン(adminicons)?なぜ管理アイコン(adminicons)?

Drupal標準のナビゲーションメニューやAdministrator Menu等の拡張モジュールによるナビゲーションは それなりに便利ですが、汎用的なメニューなので 機能性がいまいちです。

公開ページと管理ページのデザインが変わらない割には、ダイレクトに管理できるようなイメージがありません。(ありきたり?)

管理アイコン(adminicons)を追加すると管理アイコン(adminicons)を追加すると

アクト・ブレインのオリジナルモジュール(adminicons)を追加すると、管理ユーザでログインした時に、メニューやブロックの端に小さなアイコンが現れ、管理ページに直接ジャンプできるようになります。

Drupal標準ではコンテンツ表示時、[編集]ボタンが表示され、表示中コンテンツそのものの[編集]画面へはダイレクトに行けます。(上図 青○部分)

ところが、その他の内容を管理しようとすると、ページ最上部の黒地に白字のメニュー(Administration Menu拡張モジュール)や標準のナビゲーションメニューから行かなければなりません。(1クリックでは行けません)

アクト・ブレイン製adminiconsをインストールすると、上図赤○部分のように各ブロックの右上部に管理ページにダイレクトにジャンプするためのアイコンが表示されるようになります。

ワンクリックで相応する管理ページにジャンプできるため、操作性が向上します。

特に、ブックページやページ追加時の表示順の変更などは非常に簡単にできるようになります。

ズームiconモジュール

Thickボックスモジュールを使って本文中の画像をズームアップさせることはよくありますが、その際のズームiconを追加するモジュールです。

アイコン画像はアップロードすることで差し替えできます。

ユーザ スタイル モジュール

Drupalのテーマは有料/無料とも数多くにあり、選ぶのにも困ってしまいますが、帯に短し襷に長し で、100%ばっちり、というテーマはなかなかありません。

そんな時はサブテーマという方法をとるのが普通ですが、例えばテンプレートファイルそのものには変更はなく、CSSだけで済む場合など、サブテーマ化するほどでもない場合もあります。

ユーザ スタイル モジュールはそんな時に利用するモジュールです。

システム、テーマでのCSS定義にオーバーライドすることで、見た目の微調整が可能になります。

サイトマップ(地図)生成モジュール

ホームページをの構成を考える時、真っ先に会社案内やアクセスマップが浮かびます。

そのアクセスマップ。意外と不自由している人が多いようです。

デザイナーやIllustrator使いなら簡単に解りやすいアクセスマップを作れてしまうのですが、なかなか素人には そうも いきません。

画像処理(PhotoShop/Illustrator)が大好きなら別ですが、本業の傍ら そんなものに時間を割いてはいられない。という方のために Google Static APIを使った地図生成モジュールです。

SexyCurlsモジュール

このページの左上で利用している ちょっと めくれたようになっている部分。

マウスを近づけると ド~ンと開いてリンク付きの画像が見えてくるビジュアルを演出するモジュールです。

めくれ方や大きさ、画像の指定は自由なので使い勝手は良好です。

ホームページの更新は CMS で! の ページTOPDrupalサイト構築 の サイトマップDrupalサイト構築 の TOPページ