ページ構造ページ構造

ホームページにおける"ページ"を本に例えてホームページにおける"ページ"を本に例えて

Drupalをはじめとして CMSには多様な機能があり(すぎ)、何をどうしたら解りやすく実効力のあるホームページになるのか思案のしどころです。

実際、運用形態を考えたり、弊害を除いたりする作業で 本来のコンテンツ作成までの見えてきません。

アクト・ブレインでは、お客様にそのような迷い(弊害)がおきないよう、特定された環境を提供いたします。

ホームページという"ページホームページという"ページ

ホームページにおける"ページ"を本に例えます。

リアルな世界では 販促マニュアルや教材、教科書、その他 何かを伝えるための形態は本(書籍)です。

アクト・ブレインはホームページにおける"ページ"を本の章構成に例えます。

どうでしょうか?

ホームページというと、なにやら面倒、デザイン?ページ? ピンと来なかったものが見えてきませんか?

インターネットやホームページは最近(というっても結構前ですが)、子供の頃から教科書や小説、ドラマ等々、様々な伝達物が本(の章立て)ではなかったでしょうか。

アクト・ブレインはDrupal標準のブック機能に注目しました。

ホームページではなく本(の章立て)なら、ごく自然なのではないでしょうか。 

本だけではなく本だけではなく

ただ、ブック機能(章立て)だけでは情報の伝達性が損なわれます。

本でも 目次や索引、付録などがあります。

そのあたり、ホームページにありがちな"トピックス"と"カテゴリ"に配置します。

"トピックス/カテゴリ"とは"トピックス/カテゴリ"とは

本の章を縦の流れとすると、"トピックス"は無理やりにでも見てもらいたいコンテンツ。

流れ無視です。

”カテゴリ"とはある系統だった横ざしの串でひっかかる情報です。

章と串、槍章と串、槍

章立てにより縦に伝える文化と ある決まった用語により串で指したようにつながる"カテゴリ"。

それと、槍でついたようにピックアップした"トピックス"。

この3本だてで閲覧者を放さない。

そのようなホームページを目指します。

Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事
ホームページの更新は CMS で! の ページTOPDrupalサイト構築 の サイトマップDrupalサイト構築 の TOPページ