サービスサービス

Drupal-CMS導入の流れ

オンラインサポートやメール/Skype等のサポートで安心オンラインサポートやメール/Skype等のサポートで安心

Drupal-CMS導入は以下のような流れになります。

こちらの導入の流れは、テーマ(テンプレート)デザインとして弊社標準テンプレートを選択した場合の流れです。
その他のテーマデザイン(HTML持ち込み or テンプレートモンスターで購入 or デザイナーズテンプレート)を選択いただいた場合は、別途ご案内します。

お客様:ページ固定部分の画像のご用意お客様:ページ固定部分の画像のご用意

ページ中固定的に表示される画像をご用意いただきます。

  1. ページ最上部の画像(800 x 90)  このサイトでは↓にあたります。
    ページ最上部の画像 
    テンプレートによるレイアウト・デザインによりサイズ(800 x 90) は変更可能です。
    使わない事もできます。
    テンプレート機能の詳細はこちら→テンプレートによるレイアウト・デザイン
  2. TOPページ上部の画像(800 x 240)  このサイトでは↓にあたります。
    TOPページ上部の画像 
    テンプレートによるレイアウト・デザインによりサイズ(800 x 90) は変更可能です。
    使わない事もできます。
    後で差し替えもできます。

テンプレート機能の詳細はこちら→テンプレートによるレイアウト・デザイン

おおまかなイメージを頂ければ弊社でご用意する事も可能です。

これ以降、基本的に弊社作業となります。お客様はサイトオープンに向け、企画やコンテンツ

Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事
 

弊社:Drupal基本構成のインストール弊社:Drupal基本構成のインストール

  1. 以下、Drupal基本構成のインストールを行います。
  • Drupal 本体のインストール。
  • Drupal基本構成の拡張モジュール インストール。
  • 無料テーマのインストール。
  • ご希望により有料テーマのインストールも可能です。
  1. アクト・ブレインオリジナルの拡張。
    以下の設置設定も含みます。
最大約6営業日かかります。
 
Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事
 

お客様:ホームページ情報の設定お客様:ホームページ情報の設定

サイト情報の入力

  1. この時点でコンテンツの入力は可能ですが、その前に最低限のサイト設定を行います。

[管理メニュー ≫ サイトの環境設定 ≫ サイト情報画面]で以下の設定を行います。

  1. 名前:サイト名(ホームページ名)を入力します。

Ex. このサイトでは
CMSホームページ」と設定しています。
ページ上部に表示されます。  

  1. メールアドレス:お客様の代表メールアドレスを入力します。
  2. スローガン:サイトの標語やキャッチフレーズなどを入力します。

Ex. このサイトでは
Drupal-CMSによる自分で更新できるホームページ」と設定しています。
ページ上部に表示されます。 

  1. ミッション:サイトの運営方針を記入します。
    Ex. このサイトでは
    Drupal-CMSを設置+設定+拡張する事で「育てるホームページ」に!」と設定しています。
    TOPページ写真下の部分に表示されます。

 

Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事
 

お客様:サイドメニューの設定お客様:サイドメニューの設定

ここまでの作業で、基本構成のインストールで基本的な器は出来ています。

  1. 表示順の変更やお客様固有のブロックの追加を行います。[管理メニュー ≫ サイトの構築 ≫ ブロック]

お客様:お問い合わせページの設定お客様:お問い合わせページの設定

ここまでの作業で、基本構成のインストールで基本的なページは出来ています。

  1. 表示順の変更やお客様固有のブロックの追加を行います。
    [管理メニュー ≫ コンテンツの管理 ≫ Webforms]

メニューの設定

  1. メニューリンクのタイトル
    メニューで表示される、項目に対応したリンクテキストを入力してください。
    デフォルトで「お問い合わせ」と入っています。

Webform Settings

  1. タイトル
    ページタイトルを設定します。
    デフォルトで「お問い合わせ」と入っています。
  2. 説明
    お問い合わせフォーム上部の説明文を設定します。
  3. Confirmation message or redirect URL
    お問い合わせメール送信後に表示されるメッセージを設定します。

Webform mail settings

  1. E-mail to address
    お問い合わせメールを受信するメールアドレスを設定します。

お客様:コンテンツの投入お客様:コンテンツの投入

細かな設定はおいおい行うとして、ここまでくれば後はコンテンツを投入できます。

コンテンツ投入の手順はコンテンツの新規登録をご覧下さい。

コンテンツの投入は、メールの作成ができる方で数日、ワープロが使える方で数時間、ワープロのような入力フォームからの入力となります。

慣れない間は主な操作方法などをご覧いただきながら、困った時はオンラインサポートやメール/Skype等のサポートを行いますので安心です。

挫折させません!

ホームページを作ろう。

とした時、挫折してしまった事はありませんか?

 

ホームページを作成しようとする時に 幾つかの乗り越えなければいけない壁があります。

壁を乗り越えないと 望む結果が得られません。

アクト・ブレインは お客様と一緒に壁を乗り越えます。

 ではその壁とは なんでしょう?

 

  • 導入にあたって何から始めてよいか わからない。
  • どんなツールを使ってよいか わからない。
  • 誰に聞いたらよいか わからない。
  • とりあえず手に入ったツールで やろうとしたが、右も左もわからない。
  • デザインは浮かぶものの 実際にホームーページを作ろうとすると 先に進まない。
  • 作ってはみたものの 素人ぽくて 人に見せられない。自信が無い。
  • どうやって 公開すれば良いかわからない。
  • 更新作業に手間がかかり、最近全く更新していない。

 

等々、きりが ありません。

まずはご相談下さい。

状況や事情というものは、全く同じという事はありません。万人受けするパッケージが全てを解決するわけではありません。

どういった方法が一番良いのか一緒に考えさせてください。→ご相談はこちらから

 

CMSの専門家

アクト・ブレインはCMS(Contents Management System)の専門家アクト・ブレインはCMS(Contents Management System)のプロです。

アクト・ブレインはCMSそのものを研究・開発してきました。

従って

  • CMSの何たるかを知っています。
  • 何が足りないかがわかります。
  • 足りない機能があれば追加できます。

 

これらの事を お客様に説明できます。

ホームページを 優れた営業マンにするには お客様の ご理解が必要です。

アクト・ブレインがホームページを作るのではなく、お客様ご自身がホームページを作るのです。

アクト・ブレインはお客様のホームページ更新をサポートします。

今必要なのは何ですか?今必要なのは何ですか?

名刺代わりのホームページや会社案内のようなホームページでは ありませんよね。

毎日のお知らせや、イベント。更には緊急のお知らせ。

それらのものを伝えられるメディアとしてホームページを考えたいですよね。

ところが、現実、いかがですか?

変更しようとしても しがらみが多く結局間違った古い情報のまま。

好きなときに いじろうとしても やりかたがわからない。ちょっとしたレイアウト変更でも費用がかかりすぎ。

そんなものならホームページなんて、もう いらない!そんなものならホームページなんて、もう いらない!

「自分で更新できるホームページ」があれば全て解決。なんて言いません。実はそこから先が問題なのです。

「自分で更新できるホームページ」があった上で様々な方法や手段が生まれてきます。そこが出発点です。

現在 CMS(ブログ)を採用してサイト運営を進められているお客さまでも 本業の傍ら、構造の変更、企画の変更など ご自分の思うようなサイトになっているでしょうか?バックアップさえおざなりになっていませんか?

お客様が求めている業務内容・改善要望をタイムリーに提案できるか?それが弊社の命題です。御社のニーズに対する弊社の即応力が成功するか否かの糸口です。

時代と共にWebサービスの在り方もどんどん変わってきています。時代と共にWebサービスの在り方もどんどん変わってきています。

今まで費用がかかることや、自分では何から始めたら良いかわからずにHPやWebショップを持つことをためらっていた。

そんな企業・商店・店舗の方々も新しいサービスやツール等を用いて負担がかからない形でWebサービスを利用することが可能になってきました。

可能になってきた事で間口が広まったようですが、実は誰にでも参加できる事が、誰でも成功する事を阻む結果になってきています。

結局、人に出来ない事ができる人、企業が勝つのです。結局、人に出来ない事ができる人、企業が勝つのです。

弊社は、単に商品やサービスを販売する。というような意識ではなく、いかに 御社の事業内容、得意分野と、弊社のノウハウを融合させて、ともに繁栄できるパートナーに成り得るか。ということを考えています。

弊社のサービスはWebサービスですが、それを売り切りにしたり、ノーサポートにしたら、その後のお客様は七転八倒しなければなりません。

そんな事にならないように弊社は お客様と共に実績が上がるサイト(ホームページ)を2人3却で構築していきたい。

と考えています。

費用を抑える

デザインを 使い勝手・SEO両面から拡張デザインを 使い勝手・SEO両面から拡張

導入時の制作費用を抑える導入時の制作費用を抑える

導入時の制作費用は以下のような形で抑えられます。

  1. [弊社]
    サーバにCMS(標準+弊社拡張)をインストールします。
  2. [お客様]
    規定の法則から作成された基本デザインの中からサイト全体のデザインを選択します。
    気に入ったデザインがない場合はオリジナルデザインも可能です。
  3. [お客様]
    選んだデザインにあわせたロゴ・TOPページ画像/Flashなどを用意します。
  4. [弊社]
    デザインを 使い勝手・SEO両面から拡張します。
    この際、ロゴ・TOPページ画像なども同時に組み込みます。
    運用開始後 お客様による変更も可能です。 
  5. [弊社]→[お客様]
    初期導入納品。

導入プロセスはココまでです。

ココまででホームページの器が完成です。

ココまでで、ホームページの枠組みが出来上がっています。

ココまでの作業でアクト・ブレインでなくては出来ない作業は4.の「デザインを 使い勝手・SEO両面から拡張します」の部分のみです。
この部分で他社にはないホームページ更新環境を提供します。

 

Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事

 

運用時の更新費用を抑える運用時の更新費用を抑える

通常のホームページ制作会社によるホームページ制作と異なり、これからが本番です。

  1. [お客様]
    CMS設定画面でお客様(サイト)情報をはじめお客様固有の情報を設定します。
  2. [お客様]
    お客様コンテンツを入稿します。
  3. [弊社]
    CMS設定・操作をメール/電話でサポートします。

CMSを利用する事の利点はお客様自身でのホームページ更新が可能な事です。

最初のうちは設定があるため 多少時間がかかりますが、落ち着いてくると操作にも慣れ、何より お客様自身で何時でも好きなときに、タイムリーな内容を投稿したり、変更したり出来ます。

標準的な運用費用はサーバ/ドメイン 維持・管理費(約5,000円/月)+サポート(コンサル)料(約5,000円/月)程度=合計10,000(円/月)程度です。
サポート料の中にはサーバ管理、ホームページ更新アドバイスなど 必要な内容が全て含まれます。
ホームページ更新を業者まかせにするのに比べて格段の差です。

アクト・ブレインの月々のサポート(メール/電話)は今の所制限がありません。
納得ゆくまで質問できます。

月々のサポート料の中には、随時更新される弊社オリジナル拡張機能の提供も含まれています。

お客様は、ご自身の商売に特化したコンテンツに専念できます。自分で更新(投稿、修正)できるので、どんなにたくさん更新しても追加費用は発生しません

月次SEO対策、成果報酬型SEO対策をご希望の場合は別途費用がかかります。

共同作業

ホームページにおいては更新作業が欠かせません。

しかし、ホームページ更新作業を延々と一人でやるのも気が重いものです。

Drupalなら複数のログインユーザを簡単に管理できるため、ホームページ更新作業を共同で行う事が可能です。

各人、各々に制限を設ける。例えばAさんは高機能エディタを使えるが、Bさんには使わせない。など。

Drupal機能使用権限をユーザ別に定義できるためホームページ更新の効率を維持しつつリスクを回避する事が可能です。

ページ構造

ホームページにおける"ページ"を本に例えてホームページにおける"ページ"を本に例えて

Drupalをはじめとして CMSには多様な機能があり(すぎ)、何をどうしたら解りやすく実効力のあるホームページになるのか思案のしどころです。

実際、運用形態を考えたり、弊害を除いたりする作業で 本来のコンテンツ作成までの見えてきません。

アクト・ブレインでは、お客様にそのような迷い(弊害)がおきないよう、特定された環境を提供いたします。

ホームページという"ページホームページという"ページ

ホームページにおける"ページ"を本に例えます。

リアルな世界では 販促マニュアルや教材、教科書、その他 何かを伝えるための形態は本(書籍)です。

アクト・ブレインはホームページにおける"ページ"を本の章構成に例えます。

どうでしょうか?

ホームページというと、なにやら面倒、デザイン?ページ? ピンと来なかったものが見えてきませんか?

インターネットやホームページは最近(というっても結構前ですが)、子供の頃から教科書や小説、ドラマ等々、様々な伝達物が本(の章立て)ではなかったでしょうか。

アクト・ブレインはDrupal標準のブック機能に注目しました。

ホームページではなく本(の章立て)なら、ごく自然なのではないでしょうか。 

本だけではなく本だけではなく

ただ、ブック機能(章立て)だけでは情報の伝達性が損なわれます。

本でも 目次や索引、付録などがあります。

そのあたり、ホームページにありがちな"トピックス"と"カテゴリ"に配置します。

"トピックス/カテゴリ"とは"トピックス/カテゴリ"とは

本の章を縦の流れとすると、"トピックス"は無理やりにでも見てもらいたいコンテンツ。

流れ無視です。

”カテゴリ"とはある系統だった横ざしの串でひっかかる情報です。

章と串、槍章と串、槍

章立てにより縦に伝える文化と ある決まった用語により串で指したようにつながる"カテゴリ"。

それと、槍でついたようにピックアップした"トピックス"。

この3本だてで閲覧者を放さない。

そのようなホームページを目指します。

ワープロ編集

入力に気持ちの良い環境が必要入力に気持ちの良い環境が必要

ホームページの更新をスムーズに、しかも快適に行うには 入力に気持ちの良い環境が必要です。

ただ単に文字を入力しているだけでは表現力も劣り入力作業が覇気がないものになってしまいます。

アクト・ブレインは標準でDrupalに高機能エディタをインストールします。

サービスの内容

導入、SEO対策施工、運用サポート導入、SEO対策施工、運用サポート

アクト・ブレインのサービスは大別すると2つのサービスとなります。

その2つとは

  1. 自分で更新できるホームページの導入・運用サポート
  2. SEO対策施工・運用サポート

  です。

自分で更新できるホームページの導入・運用サポート自分で更新できるホームページの導入・運用サポート

オープンソースCMSであるDrupalを設置

オープンソースCMSであるDrupalを設置し、運用をサポートします。

設置は単なるインストールではなく、企業/商売に適した お客様を呼ぶ機能を備えた設定、拡張を行います。

お客さまは基本デザインと基本機能が用意された状態で独自のコンテンツ作成に専念できます。

ご要望により 予めコンテンツを入れ込む事は可能ですが、ホームページは まず 早期の設置 および頻繁な更新が必要です。

更新の度に 業者に依頼していたのでは コストが かさむばかりか内容的にも決して満足のゆくものにはなりません。

(日々 試行錯誤を繰り返しても 満足。とはゆきませんが) 適時、適所にお客様を引き付けるホームページに育ててゆかなければなりません。

アクト・ブレインは、導入時点は勿論、導入後の運用のための方法やテクニックを ご指導します。

その他、

サーバスペース

ドメインの取得

アクセス解析

などの他、目に見えない事が多くありますが、代行 またはアドバイスを行います。

昨今、ブログで簡単ホームページというようなふれこみで、簡単にホームページが更新できることと低価格を目玉にホームページ制作を売る業者が増えてきました。
 
しかし、ホームページを自分で更新するのは環境さえ揃えばできるようなものではありません。

仮に、自分で更新できる環境とスペックがあったとしても、自分で更新するためにはアイディアや表現力、発想が必要です。
 
それらのことを考えないと、原稿用紙を前に鉛筆をくわえているのと一緒です。
 
いまどき、ホームページが自分で更新できるなど、当たり前。その次を考えなければならないのです。

弊社は 自分で更新のその次を支援してゆくことがサービスだと考えています。

Drupalの事をもっと知りたい …… Drupal FAQで質問してみる
Drupalで新規構築したい ………… 開発支援個別セミナーご案内
Drupalサイトを運営している …… 運用・保守で最低限必要な事

SEO対策施工・運用サポートSEO対策施工・運用サポート

Drupalを設置された場合は 既にSEO対策施工されています。

内的にはSEO施工を行う必要は殆どありませんが、ホームページ設置直後は誰も新しいホームページの事は知りません。

検索エンジンに拾われる事もありません。

時間が経てばsitemapやpingにより徐々に知られてゆきますが、設置当初は検索もされず、訪問者ゼロです。

コンテンツの量にもよりますが、周知されるのは2週間~3ヶ月必要です。

実際、そんなに待っていられないのが現実かと思います。

コンテンツを登録するのと並行して外的なSEO対策を施す必要があります。

弊社は内部的なホームページ運営+外的SEO対策両面からサポートします。

成果報酬型の検索エンジン順位アップ対策も行っております。
Web見積りページでは無料見積りができます。

成果報酬型の検索エンジン順位アップ対策のみも受け付けております。

SEOだけでは売上に結びつかない場合もでてきます。弊社は、そのことを踏まえたSEO+αを提供するべく努力して参ります。

 

画像の回り込み

画像に コンテンツ(文章)を 簡単に回りこみさせる I/F画像に コンテンツ(文章)を 簡単に回りこみさせる I/F

画像をたくさん貼り付けた方がアクセスが増える?画像をたくさん貼り付けた方がアクセスが増える?

画像はあくまでも補助的手段として、控えめに利用するのがポイント逆に表示に時間がかかるのでアクセスは激減します。

画像はあくまでも補助的手段として、控えめに利用するのがポイントです。

ただ、画像がまったく無いと 味気ないホームページになってしまうという事もあります。

 

 

アクト・ブレインは そのような不便が起きないように 予め 画像回り込み機能を 提供しますアクト・ブレインは そのような不便が起きないように 予め 画像回り込み機能を 提供します

どのCMSでも同様ですが Drupal標準では 画像で回り込みが出来なかったり 画像の挿入に htmlの知識が必要だったりします。

画像をアップロードする機能は Drupal標準ですが アップロードした画像を 運用する機能は標準には ありません。

アクト・ブレインは アップロードされた画像に コンテンツ(文章)を 簡単に回りこみさせる I/F を 提供します。

拡張構成

オプションオプション

基本構成に加えて オプションで以下の拡張を行います。

拡張構成拡張構成

 

有料テーマ(テンプレート)のインストール/設定

デザイナーによる専用テーマの採用が可能です。

Drupal の拡張モジュールのインストール/設定

概ね 標準構成のみで 最低限必要な内容は網羅していますが、ご希望により 拡張モジュールのインストールも可能です。

複数ユーザによる共同作業環境の設定

標準構成でも複数ユーザによるホームページ更新作業は可能ですが、各ユーザ単位でのアクセス権を設定する事により、ユーザ単位で作業内容を限定する事が可能となります。

Drupal 拡張モジュールでは出来ない 拡張(php)

ご希望の機能に 合致する 拡張モジュールが存在しない事もあります。 そんな時 php(プログラム)により ご希望の機能を実現します。 

ホームページの更新は CMS で! の ページTOPDrupalサイト構築 の サイトマップDrupalサイト構築 の TOPページ